anegoは行くどこまでも...

ラフ着(Tシャツ・パーカー)を愛する独り言。”考えるより感じろ”をモットーに雑記します。商店街のような温かい賑わいね。

無色透明な人はいないし、色に良い悪いはない

f:id:anego_yukudoko:20190208173634p:plain

私のいつもの絵は差別と捉えられてしまうのか?と残念な気持ちになったanegoです。

 

普段、あまりネットニュースに目が留まることはないのだけど、何故か反応してしまった記事があった。

 

『イタリアのファッションブランド「グッチ(Gucci)」は7日、同社が販売していた黒いタートルネックのセーターが黒人差別的であるとの批判を受け、販売を中止した。』

 

目の下まで覆われるこのセーターは、口の位置に穴が開いており、その周りを大きな赤い唇で縁取ったようなデザインになっている。ということ。

 

どんな意図があろうとなかろうと、どちらにしても双方が意識しているのは変わりない。だからこそ白側は気遣う配慮が必要だろうし、だからこそ黒側は気にしない毅然な態度も必要なのかもしれない。(白人とか黒人とか色を気にすることが無いのでそう書くもの抵抗がある。だからと言って白側とか黒側とかそう書くのも抵抗があるが。)

 

そんな記事を見て、ハッとしたのが、私がいつも描いている絵。顔が黒く、頭はクルクルとパーマかかっている。これって差別的に捉えられてしまうのだろうか?全く意識していなかったのでドキッとした。むしろ敬意を持って憧れがあるからである。

 

以前の記事に、私の髪は真っ黒でド直毛であることを書いた。何の遊びもない決まりきった髪型しかできない面白みの無さ。天然パーマのクルクルフワフワは私の憧れであるからそれを絵に描いている。

 

私が初めて聴いた洋楽は、マイケルジャクソン。それから妹のジャネットも好き。レゲエのボブマーリー、ジャスのマイルス・デイヴィス、ポップのホイットニー・ヒューストンなどなど、R&Bも。私にとって音楽業界から様々な影響を受けたのがこれら黒人と言われる尊敬する人々。

 

この人たちは細胞が音楽で作られてるのではないだろうかとさえ思えた。独特に低音を操るリズム感。身体からにじみ出ている音や声。太刀打ちできない生まれながらの敗北感に対する憧れは私の中で当然のように受け入れている。もちろん人種関係なく優れている人は多くいるのはわかっている。

 

スポーツにしても身体能力がズバ抜けて高いし、根性努力以前に元々の素質が違う。私はあまりスポーツに関心がないので、多くは知らないが、体格や機能それにリズム感からもあるのだろうか。

 

そもそも色ってこだわりますか?誰でも共通に好き嫌いはあると思いますが、色に優劣とか憎み蔑むことってありますか?人の肌だとそれを当てはめるのは何故ですか?Tシャツだってカッコよく黒を着るでしょ。抵抗なく白も着るでしょ。

 

私は無知で幼稚な事を言っているのだろうけど、幼稚ほどシンプルで心で反応できると思う。色に関係なくその人そのもの(心や魂)に反応するべきだと思う。

 

家で一人ポツンといる時、自分の肌の色を意識して生活してますか?外部からの反応で意識するのではないでしょうか?目の前に他の肌色の人がいて、その人の反応によって自分が意識するのだと思う。普段、自分自身は自分の肌色を意識していない。

 

もし私の絵の顔を白くしたら、それは白人に対しての差別になるのだろうか?だとしたらオリンピック色の迷彩柄にしたら釈然とするのだろうか?色々考えさせられる問題です。私はアーティストではないし、影響力も何もなく自己満足の限りで出している。しかも敬意や憧れの部分もあってのことだが、それが意に反して捉えられて傷つく人がいたとしたら...心痛みます。ん...これからじっくり考えよう。

 

この記事は、ニュースにあった グッチに対してではなく、またはそれを問題にした側にでもなく、私への考えるきっかけとして思いです。

ちなみに人の種類

白人(コーカソイド
青人(アイノイド)
黄人(モンゴイロイド)
赤人(アメリンド)
褐人(オーストラロイド)
黒人(ニグロイド
玄人(カポイド)

みんな有色人種ですよね。白だって白という色。色がない人間なんていないのだから。もうスキンカラーで偏見や差別による争いや優劣の考え方やめましょうよ。どの人も無二で素晴らしいのだから。

 

私が勝手に定義している黒色というのは、すべての色を混ぜた色。黒単色の意識はない。いろんな色すべてを担ってくれているんだなって思うのです。いろんな意味で。

 

 余談ですが、オリンピックの葉冠ってオリーブの葉なんですね。私はずっと月桂樹だと思っていました。月桂樹の葉冠は、音楽や詩歌や演劇などの祭典ピューティア大祭で贈られたものです。古代オリンピックと共に終焉したのですが。

 

近代オリンピックではオリーブの葉冠を受け継いでいますね。オリーブは平和の象徴。

小さなかわいらしい白い花を付けて、実は緑から熟していくと黒っぽい深い紫へと変化していく。オリーブオイルやピクルスは大好きです。

 

読んでいただきありがとうございます。

これからもよろしくお願いします。


anego
でした。