anegoは行くどこまでも...

ラフ着(Tシャツ・パーカー)を愛する独り言。”考えるより感じろ”をモットーに雑記します。商店街のような温かい賑わいね。

成人式

f:id:anego_yukudoko:20190103211932p:plain

朝からソワソワしたのは本人ではなくanegoでした。

 

思い返せば遠い遠い昔の成人式。私の頃は1月15日成人の日に全国一斉に行われました。今は、成人の日も第二日曜日と日付けは変動し、各自治体によってお盆にやるところもありますね。ここは今日1月3日にやるのです。

 
朝からソワソワして早起きしました。娘の着付けへ車で送るためにです。

何故か私が自分の身支度に余念なくやっているのを、ハッと気づき笑えてきましたね。

大していつもしっかり化粧もしないのに、ちゃんとしてる自分はいったい誰?

当の本人はまだ起きてきません。何で普通でいられるのか、冷めてるのか、今どきの子は皆そうなんでしょうか?だとしてもですよ、気乗りするかしないか関係なく、いつもと違う行事があるって時は、何となくそわそわして早く支度しないのでしょうかね。

 

やっと起きてきて聞いてみると、「別に簡単な服で行けばいいし、化粧だって髪の毛だって向こうで全部やるから、普段大学へ行くよりも支度しなくていいわけだし」だと。

 

そうじゃないの、気持ちの問題なの。しかも成人式だよ、公に大人になったんだからさぁ。と言っても、いつものようにサラリと聞いてるフリして、あっそ、って感じだったのです。

 

ま、自分が親になればわかりますとも。きっと今の私と同じこと思うんだわ。私だって当時、改まる感じが気恥ずかしいやら面倒臭いやらありましたから、わかりますよ。そうです、私にそっくりだと思います。嫌なところは似てしまうものです。

雪国はお盆で皆が帰省した頃、成人式をやるところもあるそうです。真夏なので、振袖ではなく、浴衣だそうです。肩も凝らないだろし、身動きも振袖より軽快だろうし、ちょっと帰りに友達と気軽にご飯も食べに行けますものね。その後も毎年浴衣として使えるので、お得ですね。気分的にも明るい夏ってそれもいいですね。冬は寒くて、ただでさえ履きなれない草履で足取りが重く...

どちらにしても、成人したということは、子供卒業、大人になりましたっていうその線引きをクリアした事実をいうのではなく、それ故に大人という自覚を持つことっていうお達しをもらった儀式なのだと思います。だって年をとれば(20回)誰でも成人なりますから。

そこの解釈、頭でわかっていても、多くは前者の大人になった...”なった”と公に認められた部分を強調して受け入れているのが大半だと思います。私もそうでした。全ての責任を担う重大さよりも、年をクリアした事実に万歳でしたもの。ましてまだ学生の場合は。

 

しかし、その20歳=成人、長年そうであったのですが、これも2022年から18歳=成人。なのでその年は20歳と19歳と18歳が合同でやるのですね。

 

最近の成人式はおとなしくなったのでしょうか?わからないので、どうなのかな?と。今年は別に当たり前のように何事もなく(それが当然の事ですが)無事に終わったそうです。卒業式や成人式、年末年始の夜の暴走など、昔は気合いの入った子たちが騒がせていました。

いい意味の気合いではないですよ。人に迷惑かけているのですから。でも擁護しているわけではないのですが、先生や目上の偉い人に対して社会への反抗を八つ当たりして発散していた感じがあったわけです。粋がりたい、根性試し、幼稚な行為ではあるのですが。もちろん悪いことですよ。

 

今のコたちは、何というか分かり良いというか、どうなのか。そんな非合理な事して何意味あるの?と。いやいや、確かにそうです。その通りですとも。でも社会に対してとか反骨精神とまでは言わなくとも、やりきれないエネルギーはどうするんだろう。そんな事するだけ時間の無駄だし、エネルギーの無駄、まして人に迷惑かかる事をわざわざするなんて。とその通り。テストでは満点です。正しいです。でも面白くないですね。別に煽っているわけではないですよ。

 

そういうのって、人を傷つけたり、殺したりとかではないんです。確かに物損ではありますが。ガラス割ったり、バイクで建物の中走ったり、いけないことではあるのですけどね。

 

こうやって好き勝手書いているのも、AI選別されて振り分けられているわけです。危険な思考をしている人かどうかとか。あまり奇抜な事は書けない不自由さもありますね。優等生的な事を書かなくてはいけないのか。


またどこにでも監視カメラがあって、人間らしい過ちとか泥臭い感じなど薄れていくのでしょうね。もちろん監視カメラがあるおかげで助かっていることも多く、防止や抑止力に役立っているのも事実です。

 

いろんなことを考えさせられた成人式の日でした。

 

読んでいただきありがとうございます。

これからもよろしくお願いします。


anego
でした。