anegoは行くどこまでも...

ラフ着(Tシャツ・パーカー)を愛する独り言。”考えるより感じろ”をモットーに雑記します。商店街のような温かい賑わいね。

順番待ちでの様々な出来事と思い

f:id:anego_yukudoko:20181230004623p:plain

行列のできる飲食店に並ぶ事を諦めてしまうanegoです。

そうなのです。開店したばかりの飲食店は、とりあえず話のタネにと行く人も多いかと思います。近くを通るたび列を作っているので、熱が冷めて落ち着いた時期にようやく並ばずに入ることができます。それはもう何日も過ぎた頃です。


なので、いつもワンテンポ遅く流行とは縁遠いです。というより、しばらくして(何日か経って)並んでないというのは、さほどではなかったという証明になるのかもしれないのに、それ気づかないんです私。そこもどうかと
...。でも並ばない方が優先なので、それはそれでOKなのです。

 順番の列で前に人を入れてあげる人々

前にいた2人組の内、1人が途中で一時抜けて又戻ってくるパターン

たとえば、2人の内の1人が待ってる途中でトイレに行きたくなって一時列から離れる。それは仕方ないですね。もともと私より前に並んでいたわけですし、人が増えるわけではないので皆もそんなには嫌な気持ちにならないでしょう。お連れさんが残ってくれてるので、戻りやすい状況ではありますね。

もし一人の場合だったら戻らず後ろに並び直すと思います。だって、知らない後ろの人に「ちょっとトイレに中座しますっ」なんて中々言えないですものね。

 

お一人様の順番待ちで平気なパターン

スーパーのレジで並んでいる時、たまに買い忘れてる物を思い出して、籠をそのままその場所に置いて取りに行く人を見ますが、それはあまり抵抗がありません。前に進む度、その置いてある籠も進めて移動させてあげます。

 

前にいた人が知り合いを見つけ声を掛け、途中から入れるパターン

特にオバさまに多いような気がします。通りがかって声を掛け、挨拶から始まり、世間話が長話になって行くと、その間にも列はずっとずっと後ろに繋がってきます。

その列の横にはみ出てコブ状に膨れた小さな輪を案外みな注目しているような気がしますね。私だけかしら。この人っちそのまま帰るのか、はたまた後ろへ並ぶのか、それともそのまま横入りか...。私はその行く末をしっかり見守ってしまいます。

入れちゃう人いるんですね。そういう人のお知り合いですから、断らずこれまた入っちゃう人だというのも納得しますが。

時々どう考えてるのかわからない人いますね。自分の前に入れてあげるなら別にいいだろうって。しかも良い事してあげた風の感じになっちゃっている人。

へ?後ろに並んでいる人の事は考えないの?ってなりますね。入れてあげた事で自分の順番が下がるのはいいですよ。でも後ろに並んでる人も順番下がるのですよ。

あと3人で私の順番だーって思っていた矢先に、3番目の人が前にドドーッと4人くらい入れてあげたら、あと7人待たなきゃならなくなるのですよ。一気に。計算できますか?って言いたくなります。

 

前後の順番を交換ならば良い

スーパーのレジの順番で多いのですが、私はまとめ買いをするので、行く時は籠いっぱいになってしまいます。

私の番になった時、ふと後ろの人を見ると、ペットボトル1本とか、子供がお菓子1つとかの場合、どうぞお先にって順番を交換します。何だか多い買い物の私が悪い気になってしまうのです。長く待たせてしまうのが。

似たように思う人って案外いるものです。これはオバさまに多いような気がします。私も逆の立場で、時々先にやらせてもらう場合があるからです。

その場合でも、何だか1個のモノ持っているのも悪い気になります。前の人が大量に籠いっぱいにしている場合。きっとこの人、大量で悪いなぁと思っているかもしれないなぁ~と逆の立場でも、そう思わせてしまっている事に何だか悪くなるのです。だから、その場合、声を掛けられたら「え?いいんですか?ありがとうございます」と言って快く先にやらさせてもらいます。

はい、どちらの立場でも、私はめんどくさいヤツなのです。代わってあげれる私って親切なの?いいえ違います。量が多いのを悪く思う事、それを減少させる手段に順番を交換してあげているのだと思います。自分の中で気を軽くさせる言い訳的な...

 

人から見れば良い事のように思えます。しかし私の場合、それに関して純粋さはなく、単に自分の気持ちの軽さと納まりにこぎ着けたいための行動だったりします。それも一つのegoなのだろうか。

 

読んでいただきありがとうございます。

これからもよろしくお願いします。


anego
でした。